2013年5月21日火曜日

GIHAS(世界農業遺産) 世界大会 資料に載りました (かっこいー! 英文)



ツバメが来てからもう2か月、お陰様で大忙しだったゴールデンウィーク中からその後の反動ですっかり更新を怠ってしまいました。ごめんなさい。



ところで、この月末に世界農業遺産の世界大会が、石川県、能登一円で開催されるそうで、その資料が出来て、農林水産省北陸農政局さんから送られてきました。
取材を受けていたときは、誌面の片隅に小さいけど、載せていただけるのかなと思っていましたが、、、、、、、、
な、な、なんと2ページ見開きでドーンと載っちゃいました。しかも、一番最初に。

他には製炭の大野さん、揚げ浜塩田、輪島の海女漁、千枚田、金蔵学校などなど、能登の地域資源に関わるそうそうたる人や活動17件が紹介されています。
なんで、ウチがトップなのかというと、紹介されている17件の順番が能登半島の先端から南へ下っていっているわけで。いちばん端っこにあったうちが最初になったようです。
ちなみに、トリは羽咋の神子原です。

この冊子は、日本語版と英語版二通り作られていて、典座も英文で説明されていました。
見出しが、
Tenzo Old House Restaurant
 Tast the delicacies of Satoyama and Satoumu

ですって。かっこいー!

と、喜んでばかりもいられませんね、こんな立派な紹介に恥じないように頑張らねば、と思う私でした。